海外と日本の架け橋になるための必須体験

武者修行は海外と日本の架け橋になるための必須体験です!

お名前 赤野楓恋さん
所属 宮崎大学
参加時期 2016年夏

武者修行を選んだ理由

参加した目的は、ずばり「海外と日本の架け橋になりたい」という自分の夢があり、実際に異国の地で働く経験をしてみたかったのと、同時にこの武者修行プログラムは「きみの変態を支援する」というキャッチコピーがあり、自分の変態すべき部分はどこだろうと心が強く惹かれたからです。

PDCAサイクルを回すとは

2週間の間、世界遺産都市であるベトナムのホイアンで欧米人観光客をターゲットにビジネスを行いました。
現地では日本で作った企画書を実行してみたけれど上手くいかず、チーム内で考えても行き詰まり、新しいアイデアがなかなか生み出せない、PDCAサイクルも回せないままでいました。
そんな時に、私達のチームは「お店を愛する」という大切なことが欠けていたことに気づき、現場に立ちスタッフやマネージャーさんと毎日長い時間一緒に話すなかでたくさんのヒントを得ることが出来ました。
異国の地ではどのような店が好まれているのか、観光客はどのくらい通るのか、市街地の店の雰囲気はどうなのか、周りにどんなお店があるのか、と現場で活動することで毎日新しい発見があり、そこから仮説を立て、それを検証するということができ、PDCAサイクルを回すとはどのようなことなのかを実感しました。

akano-karen4
[entry_img]

チーム一丸になった先にあったもの

初めの頃はチームメイトと本音で話すことが出来ておらず、本当の意味でチームになれていませんでした。夜遅くまで何度もチームメンバーとそれぞれのいい所・直した方が欲しいところを隠すことなく本音で語り合い、チーム全員で成長できるような環境づくりをしました。

最終的にチーム全員が納得の行くアイデアが生まれたことで、ビジネスは個人が伸びるだけじゃ全然前に進めなくて、チーム全員が同じ目標に向かって本気になった瞬間に無限大の力に発揮するだってことを実感しました。
ビジネスって難しくて苦しくて大変で正直途中で自信を無くしたこともあったけれど、糸口が見えた瞬間に楽しくてワクワクして面白くてどんどん世界が広がっていくような感覚になる不思議なものだなって感じました。最後に和也さんから「このチームの3人が好きだ」と言ってくれた時は心から嬉しかったです。

akano-karen1

武者修行で成長できる理由

武者修行プログラムでは学生や現地スタッフだけではなく最強のファシリテーターの方が多くのヒントを与えてくれます。人の発言の裏にはその人の人生が隠されていて人生を振り返るってかなり大事なことも初めて気づかされました。
今から相談してもいいですか?とメッセージしたら
すぐにいいよ!おいで!と返してくださっていつでもサポートしてくれた仲間やファシリテーターのみなさんと出会えたことが人生における大きな財産だと思います。

本気で自分を変えたい人におすすめのプログラムです。

akano-karen3

© Tabimusha, Inc.