武者修行プログラムとは?

2週間のビジネス経験で『変態』し、『自走式エンジン』を搭載する!

新興国での超実践型海外ビジネス研修

弊社がベトナムで運営する店舗にて、全国から集まる大学生がチームを組み、新規ビジネス担当者として、新商品・サービス開発やプロモーション企画を自分で考え、自分で行動し、カタチにし、顧客に届ける。リアルなビジネス体験学習プログラムです。

新興国ならではの予期せぬ事態やチーム内でのコンフリクトなど、様々な困難に直面する中自分自身の成長課題に向き合い、自己変革(変態)していく。成果を出すために、自己変革や、全力を出すことを経験し主体的に状況や人生を切り拓く力”自走式エンジン®”を積む。それがプログラムのゴールです。

チームで新規ビジネスをカタチにする

参加者達は2~3人のチームに分かれ、最終的に各チームのビジネスプランが損益分岐点を何日で超えるかを公開されている店舗の実売上データを基に発表してもらいます。そして、最終プレゼンでそれらのプランを今後も採用するかどうかを判断します。

プログラム期間中は、各タームにファシリテーターが付きます。コンサル出身者や現役の経営者がビジネス面でのアドバイスを、企業研修等を行っているコーチング等のスキルをもったプロ研修指導員がチームビルディング・リーダーシップ面でのアドバイスを、それぞれ行います。

それぞれの分野のプロによる徹底的なフィードバックにより、学生だけでは解決に時間がかかる、あるいは解決が難しい困難な課題を乗りきるためのサポートをします。この「答えを与えないが自分で壁を乗り越えさせる適切なアドバイス」により、一生もののスキルが身に着くのです。

プログラムスケジュール

日本
0.5日
事前研修企画づくり
  • 日本国内で、マーケティングやビジネスの仕組みなどについて学ぶ
  • 現地で実行するビジネスプランをグループで企画立案する(適宜Web会議)
ベトナム
15日
キックオフ
  • 体感ワークにより、アイスブレイクとチームビルディングを行う
  • 現地での生活やリスクマネジメントについて学ぶ
現地リサーチ
  • 競合店や観光客へのリサーチなどをし、現場で事実をつかむことの重要性を体感する
中間プレゼン
  • ビジネスオーナーと現地法人トップにプレゼンテーションを行い、承認やフィードバック(FB)をする
企画の改善と実行
  • 企画のブラッシュアップ、実行に移すフェーズ。日々、PDCAを重ね、「自ら動き、自ら考える力」をつける
  • 活動の中で起こる人間関係のコンフリクトや、自分へのブレーキなど、さまざまな個人の課題に対してコーチングやワークショップを適宜実施し、課題を乗り越える
最終プレゼン
  • 自分たちのビジネスの結果とプロセス、自らの成長についてプレゼン
  • ビジネスプランの継続の可否と、No.1チームを決める
日本
1日
事後研修
  • 帰国後、学んだことを実践する上での課題や成果を振り返り、現実での継続的な成長を促進する

© Tabimusha, Inc.