日本でやっているインターンシップとの違いを教えてください。

武者修行®は「参加者の成長」を、一般的なインターンは「企業の採用・労働力」をと、その目的が異なります。また、内容においても一般的なインターンにおける育成は、その分野のプロであっても人材育成の専門ではない人が担当することがほとんどですが、武者修行®では企業研修講師等を務める人材育成のプロが研修を実施します。ビジネス、人間関係、海外でチャレンジするマインド等、これからの時代に生きる本質的な力を身に着けることができる点が特徴です。

なぜ学生がビジネスを学ぶ必要があるのですか?

学生のうちに、自分が考えたビジネスでお客さんからお金をもらうというビジネスの全体像を経験として理解しておくことは、自分に本当に合ったキャリア選択に直結すると、弊社は考えています。多くの学生は、営業は大変そう、マーケティングは格好良いといったイメージで職業を決めてしまい、その結果は就職後のイメージと現実とのギャップ、日本の3年で3割とも言われる高い離職率という結果として表れています。自ら考えたビジネスプランを実際にやってみるという興味に紐づいた形でビジネスを学ぶことは、そんな職業についてのイメージと現実とのギャップを埋め、同時に自分の適性や志向に気づき、よりよいキャリア選択をしていくことに繋がっています。

外国人とコミュニケーションを取る機会はありますか?

プログラム期間中は、外国人観光客をメインターゲットにビジネスプランを企画し、実行していくため、ニーズ調査や効果検証の段階で外国人と関わる機会は多くあります。また、プログラム活動中に現地のベトナムスタッフと関わる機会もあります。

なぜ開催地がベトナムなんですか?

急成長中の国であることと、日本企業が多く進出していることです。さらに、現在多くの起業家たちがこぞって進出しています。日本企業の海外進出は不可避です。私達は学生の間に新興国でのビジネス経験は将来のキャリア育成に必須だと考えています。