参加学生数No.1の海外インターンシップ* 「海外ビジネス武者修行プログラム」が立教大学にて単位認定を開始

2018年5月15 火曜日

株式会社旅武者(本社:東京都新宿区、代表取締役:山口和也、以下「当社」)が運営する、参加学生数No.1の海外インターンシップ*「海外ビジネス武者修行プログラム」は、立教大学グローバル教育センターとの連携により、2018年度から立教大学の正課科目(単位取得対象科目)の 認定コースとなりました。当社は、5年超にわたるビジネス人材育成プログラムの継続的な提供経験を活かし、グローバルビジネス人材の育成支援などにおいて、教育機関との外部連携を強化していきます。

*大学生向けアジア新興国インターンシップ事業(斡旋を除く、受入総数)における年間参加者数(2017年4月〜2018年3月)914名、通算のべ参加者数2,019名(2013年4月〜2018年3月)の実績(当社調べ)。

立教大学での単位認定の概要

「海外ビジネス武者修行プログラム」は立教大学グローバル教育センターが運営する立教GLP(グローバル・リーダーシップ・プログラム)のGL301科目(Practical Training as a Leader:グローバル・リーダー海外実践)の指定プログラムの1つになります。
立教大学の大学生は、春学期(海外研修時期は、8月1日〜9月19日)または秋学期(同、2月5日〜3月19日)に開催される指定プログラムへの参加が決定した後、GL301科目の履修申請書を提出することで、全学共通科目/全学共通カリキュラム科目として2単位を取得することができます。プログラム説明会、履修申請書の配布・提出については、立教大学グローバル教育センターのウェブサイト上にて案内が行われています。GL301を履修する学生には奨学金制度も用意されています。

海外ビジネス武者修行プログラム®とは

《商品企画から販売まで参加者自身が完遂する海外ビジネス実践による学びの機会を提供》

卒業後の進路や就職活動といったキャリア形成に関心を持つ20歳前後の学生に向けて、海外ビジネスの実践を通じたアクティブラーニングの機会を提供しています。

社会人による業務指示やマニュアルに従って業務を教わるのではなく参加者自らが少人数チームで企画提案を行い、実際に外国人観光客への英語でのインタビュー、在ベトナム事業者との提携交渉、商品の製造、店舗の集客、接客・販売といった業務を最後まで遂行するカリキュラムとなっています。

プログラム期間を通じて、ビジネス研修や組織開発ワークショップを提供するプロの「ファシリテーター」が常駐し、マーケティングやチームビルディングに関するレクチャーを行うほか、参加者個々の目標、現状課題、実践に責任をもってメンタリングを行います。

ベトナム現地取材 プレスツアーのご案内

ベトナム・ホイアン市において開催する海外ビジネス武者修行プログラムにご興味をお持ちの教育機関の方、企業研修をご検討の方、報道関係者の方の現地視察を受け入れています。ご滞在の折には有意義な時間となるよう、宿泊場所の手配や通訳サポートなど最大限、バックアップ致しますので、気軽にお問い合わせ頂けましたら幸いです。

■ご取材頂ける主だったもの

  • ホイアン市街での大学生による外国人観光客へのアンケート聞き込みの様子
  • 店舗での大学生とベトナム人スタッフのプロモーション・接客・販売の様子
  • 中間/最終プレゼンでのベトナム人カントリーヘッド、ファシリテーターからのフィードバックの様子
  • 代表山口および広報担当者、ベトナム人店舗スタッフ、ファシリテーターへのインタビュー  など

※現地訪問が難しい場合には、現地で撮影したオフィシャル写真などをPR素材として提供します

2018年夏の開催スケジュール

※GL301科目として、卒業単位認定となるプログラムは第1ターム〜第12タームとなります

プログラム初日 プログラム最終日
第1ターム 8/ 4(土) 8/18(土)
第2ターム 8/ 5(日) 8/19(日)
第3ターム 8/ 6(月) 8/20(月)
第4ターム 8/ 7(火) 8/21(火)
第5ターム 8/17(金) 8/31(金)
第6ターム 8/18(土) 9/ 1(土)
第7ターム 8/19(日) 9/ 2(日)
第8ターム 8/20(月) 9/ 3(月)
第9ターム 8/30(木) 9/13(木)
第10ターム 8/31(金) 9/14(金)
第11ターム 9/ 1(土) 9/15(土)
第12ターム 9/ 2(日) 9/16(日)
第13ターム 9/12(水) 9/26(水)
第14ターム 9/13(木) 9/27(木)
第15ターム 9/14(金) 9/28(金)
第16ターム 9/15(土) 9/29(土)

© Tabimusha, Inc.