“15日間の人生”を終えて

最大の問題、それは自分自身でした

お名前 渡辺貴義さん
所属 明治大学
参加時期 2016年夏

人生の縮図のようなプログラム

最終日、私は確信した。もうすぐ人生が終わるのだ、そして生まれ変わるのだ、と。

 

「15日間の人生」と表現するのは、このプログラムが人生の縮図のようなものだと思ったからだ。

最終日、私は浜辺にいた。昨日までの14日間何があったのか、一つ一つ振り返っていた。

本気でやったからこそ様々な感情があふれ出てくる。うまくいってうれしかったこと。気持ちがあっても英語が口から出てこず、観光客を逃してしまったこと。

一方、なんであの時逃げたのかと思った部分もある。

悔しいのは本気でやったからこそだが、悔いるのは逃げたからだ。

 

走馬灯のように、様々な思い出が頭に浮かんできた。

[entry_img]

%e6%ad%a6%e8%80%85%e4%bf%ae%e8%a1%8c2_%e3%80%90%e6%98%8e%e6%b2%bb%e5%a4%a7%e5%ad%a6-%e6%b8%a1%e8%be%ba%e8%b2%b4%e7%be%a9%e3%80%91[entry_img]

15日間の海外生活

私が武者修行に最も惹かれたのは、15日間海外で仲間と過ごす点である。

海外であるから、ほかの煩わしいことと距離を置いてプログラムに集中できる。そして2週間という期間はゴールが見えやすく気を抜けない長さであり、全く知らなかった仲間を知るのに適切であった。

つまり自分が求めていたのは、「集中」と「仲間」と言って間違いない。
そのような考えからベトナムでの生活が始まった。

%e6%ad%a6%e8%80%85%e4%bf%ae%e8%a1%8c3_%e3%80%90%e6%98%8e%e6%b2%bb%e5%a4%a7%e5%ad%a6-%e6%b8%a1%e8%be%ba%e8%b2%b4%e7%be%a9%e3%80%91[entry_img]

最大の問題は、自分自身にあった

ベトナムでの最初の数日間は何か物足りなかった。

チームとのコミュニケーションがうまくとれず、成果に結びつかない状況だった。

 

最大の問題はプログラム中盤で明らかにされた。それは自分自身だった。

私の意識は「自分」と「成果」にしか向いていなかった。目の前にいるメンバーの気持ちは微塵も感じ取れなかった。

問題の本質を知ってから人間関係は大幅に改善された。チームとしての一体感だけではなく、同じタームの人との関係性も深まった。

そのことが自分のモチベーションにもつながった。

%e6%ad%a6%e8%80%85%e4%bf%ae%e8%a1%8c4_%e3%80%90%e6%98%8e%e6%b2%bb%e5%a4%a7%e5%ad%a6-%e6%b8%a1%e8%be%ba%e8%b2%b4%e7%be%a9%e3%80%91

© Tabimusha, Inc.