武者修行で体感した変態

清水健介さん

所属 金沢大学

参加時期 2017夏

一言コメント 武者修行で体感した変態

これまでの人生、そして武者修行への第一歩

『中途半端。』これまでの自分の人生を一言で表した言葉だ。

高校、大学では途中で部活をやめた。人間関係を閉ざして生きてきた。人生を振り返ってみて、正直あまり鮮明に残っている記憶がない。周りを見れば、活動的で誰とでも親しくできる友達、先輩がいる。大学1年生は挙げたらきりがないくらいに劣等感を感じていた。無意識に言い訳を並べて、自分を正当化しようとしていた。

『なんでもいい、楽しいことをやり続ける。』

大学に入学してから初めての年明けに、とにかく何かやり切ってみようと決めた。そうして少しずつできることが増えていった頃に武者修行に出会った最初は面白そうと思っていたが、武者修行の紹介ビデオを見て手足が痺れた。

『別次元。今のままでは自分は簡単に弾きとばされる。』

正直自分は踏み入れることができない世界だなと思った。そんなマイナスな感情が駆け巡った。でも、知ったからには逃げられない。これまで言い訳してきた自分が直感的に心を決めた。海外でビジネスすることは言い訳できない・逃げられない環境で結果を出すこと。

『でも、ここで失敗しながらも自分を変えてみたい。一緒に活動して、真剣に考えて悩み、乗り越えられる仲間が欲しい。』

 

武者修行で感じた『「チーム」とは?「仲間」とは?』

『いいアイデアを出したもん勝ち。』武者修行に参加する前、ビジネスは「アイデア合戦」ビジネスを学ぶとそのコツが得られて成功するのだと思っていた。武者修行に参加してみて、「チーム」でやることの意味がすぐに分かった。もしアイデア合戦であれば個人でもできる。しかし、武者修行は考えた構想を形にするまでやる。一人では到底できない。それだけでなく、個人の個性・考えが合わさるからこそ「チーム」の強さが出る。ビジネスを実行していくうえで、ビジネスと関係がないと思っていた「チーム」に向き合い続けた2週間だった。チームメンバーはどんな思いを持って、その言葉を発しているのか。意見が対立する中で、どう思いをまとめていくのか。その思いは最終的にお客さんに向いているのか。聞き方、話し方、向き合い方を考え続け、どう根拠立てするのかを考え続けた。相手を知るためには自分をさらけ出すこと。チームメイトのバックグラウンドを知ることで「チーム」がまとまった。優勝できるチームだと胸を張って言えた。

 

また、タームの「仲間」に向き合った2週間でもあった。武者修行はチームで動くことが多い。タームの雰囲気がそれぞれのチームの成長につながると思った。タームでの目標、タームの名前を決めて、タームで2週間やり遂げることを意識した。夜には他のチームの様子を聞くことが多かった。どうすれば企画が進むか。どうすればチームがうまくまとまるか。様々な悩みや葛藤を一緒に話して、考え続けた。大学生活の中ではなかなかすることのないような会話ができ、それを真剣に聞いて受け止めてくれる「仲間」がいる。『この「仲間」は一生大切にしたい。』そんな「仲間」と過ごした2週間。自分の思いをありのままに発信し、妥協せず活動できた。

これから武者修行へ参加するみなさんへ

『今までたくさんの経験をしてきた自分を試したい。』『これまで周りに劣等感を感じて生きてきた自分を変えたい。』『厳しい環境で仲間とともに成し遂げる経験をしてみたい。』

この武者修行に参加してくる人たちの思いは本当に様々です。

今、あなたが過ごしている中で思いを眠らせたままにしていることはありませんか? 体験談を読もうとしてくれているあなたは少なくとも何かを変えようとしているのでは? 自分の思いを抑え込んでいませんか?  一度、自分に問いかけてみてください。もし、そういう思いに気づいて変えたい、実現したいという思いがあれば、この武者修行でぜひ爆発させてほしいです。

武者修行にはそれができる「環境」と「仲間」がいます。

もし、今自分の思いに気づかない人がいても、説明会やプログラムで仲間と語り合うことによって、実現したい思いが明確になる人もいます。ビジネスをするだけが武者修行ではありません。『仲間。変態。自走式エンジン。』逆にそれ以外のことがたくさん学べます。しかも学びが深い。

『第一歩を踏み出してみませんか?』きっかけを掴むのはほかのだれでもないこれを読んでいるあなたです。

まずは説明会にお申し込みください。

2017年末・春開催の武者修行プログラムの説明会は、全国30箇所の会場と全国各地で個別説明会が行われています。少しでも興味を持たれたら、まずは説明会に参加してみてください。なお、プログラムへの参加は、原則として説明会に参加いただき、より深くプログラムを知っていただいた上で、お申込みいたくことができます。対面での説明会に参加できない方には、SkypeやLINEでのオンライン説明会も実施しています。

説明会の詳細はこちら