将来の夢は、女性と共に歩み続ける産婦人科医

2週間中に、お母さんお父さん、そして彼らの子供が笑い合っている姿を見るのが本当に大好きだということに気づいた。

お名前 岩岡佳実さん
所属 福井大学
参加時期 2019春

武者修行に参加した理由

-これから社会人になるうえでビジネスを学んでみたかったから。
-熱い仲間と出会いたかったから。
-そして、「君の変態を支援する」そんな言葉に惹かれたから。
しかし、実は自分を心の底から変えたい、とは申し込んだときは思っておらず、
「何か分からないけど激熱な環境がそこにある」、「実際の目で、体で、その環境を知って感じたい」、そう思いこのプログラムに飛び込みました。

武者修行で学んだ、「自分の心軸に触れること」

武者修行はビジネスのプログラムだから、ビジネスのHow toを学ぶのかなと考えていました。しかし、武者修行ではもっと大切な礎の部分を学びました。
それは「自分や人との向き合い方」。(もちろんHow toも学びます)
これは、私が最も変態できた部分です。

武者修行では、今まで自分が逃げてきた事、素直に受け止めていなかった事に向き合い続けます。そして、その弱い部分を受け入れ、自分で自分を認める。そうすることで、人の痛みも感じることができ、相手の氷山の下を垣間見る事ができます。自分を守っている、どこか騙しているうちは、相手の考えていることなんて1mmも分からない。
最後に、自分や人に対して真剣に向き合い続けた結果、自分の心軸に触れる事ができます。
あ~自分はこういう事にワクワクするんだな、幸せだな~と。

そして、それがビジネスに繋がってきたりします。顧客の本当のニーズをいかにして得るのか。また、Why(自分の軸)があるからこそ、ビジネスのHow to(ツールや方法)が活きてくる、という事。

2週間を過ごして気づいた、将来の夢

私は、武者修行での激熱な2週間を過ごし、
今まで他人軸で、人から見た正解ばかり追いかけてきた自分に気づきました。
でも、2週間中に、お母さんお父さん、そして彼らの子供が笑い合っている姿を見るのが本当に大好きだということに気づき、今病院の外に出て、女性や子供に寄り添って歩む産婦人科医を目指し、勉学やお母さんコミュニティのお手伝いに励んでいます。
ベトナムで過ごす2週間では、いつも、誰とでも真剣勝負。和也さん、プロのファシリテーターもまっすぐ真剣に向き合って下さいます。皆さんは今まで初めて出会った人たちと、そして自分と、真剣に向き合い続けたことがありますか?しかも、2週間ずっと。しかも、ベトナムで。
自分や他人と真剣に向き合うことは、とてもエネルギーが必要で覚悟も必要です。しかし、武者修行ではそれを全力でサポートしてくれる最高に幸せな環境があります。
そんなリアルに充実した環境に一緒に飛び込んでみませんか。

© Tabimusha, Inc.