本気で何かに取り組む人が一番かっこいい!

自分から発言したり、周りと違った自分の意見をしっかり伝えたり。こんな自分がいたのか!と発見

お名前 山内誠子さん
所属 大阪府立大学
参加時期 2018年春

就活へのエンジンがイマイチかからない…

3回生になり周りがインターンに行き始める中、私は特に行きたい企業も業種も絞り切れておらずとりあえずどっかいくというのが嫌だったので3回生の1月の時点で1回もインターンに参加したこともなければ就活支援サイトに登録もしていませんでした。そろそろ何かしないといけないなぁ、でもやる気出ないなぁという状態でした。

ただ、後悔だけはしたくなかったのでふとある時「大学時代、後悔しないようにするには」とネットで検索しました。

すると武者修行プログラムに参加した人のブログを見つけたのです。かっこいいPVに魅了され、大学生本気になれる最後のチャンスかもしれない!
とワクワクしてそのまま説明会に申し込んで、就活の大事な時期と言われる、2月から3月にかけて2週間のベトナム行きを決定していました。笑

しかし、武者修行から帰ってきて、たった2ヶ月で内定4つをもらうことができ、一番入りたい企業に就職できました。
なぜそんなことができたのかをこれからお話ししようと思います。

本気になる

普通に大学生活をしていて、本気で誰かのために考えて、本気で1位を狙って、本気で誰かとぶつかって、本気で泣いて、本気で笑って、本気でプレゼンをしたことがありますか?ほとんどの人が「ない」と言うんじゃないでしょうか?私もそうでした。むしろそういうのは恥ずかしいと思っているくらいでした。

でも、武者修行中はいつの間にか自分が本気になっていました。
・人に自分の意見を言うのが怖い
・人と言い争うのが怖いから自分が我慢すればいい
・人から自分がどう思われているのか気になる
・自分は平凡にしか生きれないと思っている

そんな風に自分を思っていたのに、自分から30人の前で発言したり、周りと違った自分の意見をしっかり伝えたり。こんな自分がいたのか!と驚くと同時にこっちの自分でいる方が毎日が楽しいと感じるようになりました。

自分がやりたい!と思ったことを素直に表現出来るから、
それだったらこれいいよ!とか
こういうの向いてるんじゃない?とか
そういう所いいよね!とか
自分のワクワクすることが自然と周りに集まってくるようになりました。

それに挑戦して、失敗して落ち込む時があっても自分がやりたいと決めたことだから頑張れる。頑張れたことが自分の自信に繋がってまた何かに挑戦してみよう!と思えるようになる。そうして毎日が発見の連続になり、楽しくなりました。

武者修行から帰ってきて変わったこと

武者修行を終えて一番自分の中で変わったことは「自分を大切にして自分の人生を自分で選んでいこう」と思うようになったことです。

今までは「みんながこう思うからこっちを選ぼう」とか「これするとみんなと違うからこっちにしよう」というのを基準にしていました。でも今は「まず自分はどうしたいか」「どっちを選べば自分ワクワクがするか」で行動するようになりました。そのおかげで自分が本当にやりたいことを見つけることができて、就活も短期間で終えることができました。

毎日自分らしくいられるようになって、楽しくて、今まで生きてきた中で今の自分が一番輝いてると思います。笑

なんとなく大学生活を過ごしている人
もうすぐ就活だけど、なにをすればいいかわからない人

こんな自分は嫌だ、変えたいと思っている人
ぜひ一度説明会に行ってみてください。

きっとワクワクするものを感じるはずです!!!

© Tabimusha, Inc.