笑顔と幸せで溢れる社会を創る | 武者修行プログラム

笑顔と幸せで溢れる社会を創る

 

合い言葉は「誰よりも客と店を愛して愛されるチームであること」

ももさんが武者修行に参加したのは、4年生になる前の春。学生生活のほぼ全てであったチアリーディング部を引退し、やっと就活、というタイミングでの武者参加は、周りの方々にとても反対されたそうだ。それでも押し切って参加した理由を聞くと、「なんか、面白そうだな!って思ったから」と満面の笑みで答えた。

当時担当したのはシャングリラのアウトサイドプロモーション。

あたたかみのある、木の看板の制作、店の緑化に取り組んだ。コンセプトを大切にするお店の方々の思いを丁寧にくみ取り、最終プレゼン直前まで作業をしていたと言う。

チームは見事優勝。しかし優勝は単なる結果に過ぎないと言う。
大切にしていたのは「誰よりも客と店を愛して愛されるチームであること」。それだけだった。

イケてるビジネスを泥臭く!そんな働き方が好き

武者修行で「ビジネスの面白み」に触れた経験は大きかったという。
自分たちの施策を通して、多くの人を笑顔にする瞬間に立ち会えた。その経験は、人生の大切な選択の場面においても大きな影響を与えた。

就活では、「どんな会社に入りたいか」ではなく「どんなビジネスがしたいか」が選択基準になった。重要性と緊急度の高い課題を解決したい、という思いから、行き着いたのは「医療」の分野だった。
「まさか自分がベンチャーで働くとは!」と笑いながらも、イケてるビジネスを泥臭く、そんな働き方が好きだという。

 

社内VPも獲った。顧客のことを考え抜き、与えられたミッションの+αを実行し続けた結果だという。また、結果はただついてきただけ、とさらっと言いのけた。

人生のミッションは、、、

ももさんの人生のミッションは「笑顔と幸せで溢れる社会を創る」こと。
今日も持ち前のチアフルな笑顔を咲かせているのだろう。

 


フルネーム:原田桃果
呼ばれたい名前 もも
参加年・ターム:17春7ターム
所属会社:株式会社シーユーシー
武者生へ一言:若い時の失敗は財産になります。自走式エンジンを活かして自分らしい生き方を磨いていってください。

© Tabimusha, Inc.