ベトナム・ホイアンについて

急成長著しいベトナムの熱気を体感。世界遺産ホイアンが挑戦の舞台

GDP成長率の予測世界第1位のベトナム

東南アジアのインドシナ半島東部に位置する国で、日本との時差は2時間。首都はハノイ、ASEAN加盟国である。通貨はドン(VND)。経済発展が著しく、都市圏では人口が大幅に増加しており人口は9000万人を超える。勤勉で穏和な国民性で、国民の平均年齢が約29歳と非常に若いのも特徴。2016〜2050年におけるGDP成長率の予測では、世界第1位はベトナム※だと言われています。

(※「The Long View How will the global economic order change by 2050?」PwC, 2017年2月)

世界遺産都市ホイアンについて

400年程前、朱印船貿易が盛んだった頃、ホイアンの港は日本との玄関口でした。当時は日本人街もあったほど。日本とのつながりの深い場所で、武者修行®は行われています。現在は18~19世紀頃の古い街並みが残る、世界遺産の観光都市として、欧米人を中心とした多くの観光客が訪れる街になっています。

ホイアンは世界遺産都市であることから、ターゲット顧客は欧米各国の観光客が非常に多く、英語でのビジネスがしやすい地域です。成田空港から近隣のダナン空港に直行便も就航し、日本人観光客も増えています。英語力を心配する参加者もいますが、ベトナム人も決して流暢な英語を話すわけではありません。第2言語同士なので、英語に苦手意識を持っている人でも、対等に話すことができます。また、観光が主要産業であるため、特に治安や衛生面の配慮がされています。オフの日にはビーチリゾートなどで息抜きもでき、研修に集中しやすい環境です。

© Tabimusha, Inc.