自分の人生を自分でデザインして生きるために

松本大輝さん

所属 大阪大学

参加時期 2015年夏

一言コメント 熱い仲間に出会えて本当によかった

daikim2

日本に帰って来てから、武者修行に参加してよかったなと思っていることをまとめました。

「自分の人生に対する明るさ」

ファシリテーターさんは、自分の人生を楽しんでいる方ばかり。

僕は、身近で憧れる大人っていうのに出会えてなかったので、会えて嬉しかったです。自分の人生を自分自信でデザインして生きている。受け身な人生じゃなくて主体的に人生をつくっていきたいと思うようになりました。

ビジネスインターンという名目で行ったけれど、これからの自分の人生をどうするか考える上で、行ってよかったなと、日本に帰って来た今思っています。自分の将来を明るく考えられるようになりました。

「他者理解」

これめちゃくちゃ難しい。武者修行中、日本にいる友達のことって本当は全然知れてないんじゃないかなって思いました。

チームのメンバーのことを知ること。自分と同じバックグラウンドの人間なんて一人もいないし、一人一人に個性がある。100%の理解ってのは難しいけど、まず相手の方を向いて意識的に理解しようとする気持ちは不可欠だと思いました。

相手の強み、自分の強みをお互いが分かって、それを組み合わせて企画をつくる。これがすんなりできれば最高なのですが。。なかなかうまくいかないもどかしさも味わいました。最終的なプランやプロダクトの良さは、チーム力の表れともいえるのかなと思いました。

今後、チームやコミュニティでの活動では、武者修行で学んだチームビルディングをいかしていきたいです。

「行動力」

行動しないと始まらない。頭の中で考えているだけでは、見えるものも少ない。自分で見て、人と接して、実感する。これって大事だと思いました。

正直、2週間でこれを100%やりきれたかと言われればうなずけないですし、あの時こういう行動を起こしていればと思うこともありますが、この大切さは身にしみて感じています。

また、行動に移すということは、アウトプットとも言えると思います。アウトプットすることで、改善点やフィードバックを得ることができる。それらと向き合って再度行動に移す。行動力は、自分を成長させるためのカギだと思いました。

日本に帰って来てからは、何かやることを決めたら、まず1/10でも手をつけてみる行動してみるということを意識しています。

daikim3

今の自分を変えたいなら武者修行をおすすめ

僕は今の自分を変えたいって漠然と思っている人に武者修行をお勧めします。

僕は、当初明確な目標はなかったです。とりあえず今の自分を変えたかった。でも、どうしたらいいのか分かっていませんでした。

2週間のどこかで必ず壁にぶつかります。チーム内での衝突、ファシリテーターさんとの面談、同じタームのメンバーとの関わり。そこから、自分を変えたい理由の糸口が掴めて少しずつ分かってきた感じです。まわりのみんなが力になってくれました。

短い2週間ではありましたが、今でもホイアンでの日々を思い出します。熱い仲間に出会えて本当によかったし、これからもこの繋がりを大切にしていきます。

まずは説明会にお申し込みください。

2016年年末・2017年春開催の武者修行プログラムの説明会は、全国10箇所の会場と全国各地で個別説明会が行われています。少しでも興味を持たれたら、まずは説明会に参加してみてください。なお、プログラムへの参加は、原則として説明会に参加いただき、より深くプログラムを知っていただいた上で、お申込みいたくことができます。対面での説明会に参加できない方には、SkypeやLINEでのオンライン説明会も実施しています。

説明会の詳細はこちら